不動産(アパート・ マンション・ビル)を 経営されている方

「住宅リフォームが空室対策になる」

不動産オーナー様の中には、リフォーム・リノベーションによって新規入居者を獲得した、家賃アップが実現できた。なんて話を耳にしたことがある方も多いかと思います。

では一体どんなリフォームを行えば空室対策に繋がるのでしょうか?

そこで、不動産リフォームによる投資効果の最大化について解説します。

また、空室対策効果をより高める為の、コストパフォーマンスの高いリフォームについても合わせてご紹介します。

リフォームで空室対策が可能!

借り手市場である不動産賃貸業における、他の物件より多くの入居者を呼び込むために重要な要素の1つが「差別化」です。

比較的低コストで差別化を行えるリフォームは、建て替えや、新築物件の建築よりも有効で手軽な空室対策です。

2DK/3DKの物件を1LDKに間取りを変更する、部屋の収納率を改善するためクローゼットを新設する、壁紙や浴室だけを効果的にでリフォームするなど…。

一言でリフォームと言っても外壁塗装などの大規模なものから、短期間・ローコストで行える簡単なものまで、そのやり方は様々です。

リフォーム後は賃料をアップできる

流行に適した形で、部屋の間取りや雰囲気を明るくするリフォームは、入居者の募集を容易にするだけでなく、その物件自体の価値の向上も望めます。

その為にも、空室対策としてリフォームを行う際には、専門業者の意見を参考に、入居者層のニーズを正確につかみ実行することが肝要です。

そして、空室対策としてリフォームを行う際には、費用に対する投資効果を考える事を忘れてはいけません。

「お金をかけてリフォームしたんだから家賃もあげて当然」といった考え方も間違いではありませんが、最大限に投資効果を高めるためには、どんな工事が最適かを考え抜くことだと言えます。

賃料アップを見越してリフォームを行う際には、工事費用やリフォーム代を家賃からどの位の期間をかけて回収できるのかについて、入念に資産を行う様にしましょう。

お手軽AIチャットで 簡単お見積り

現在ご好評につき大変多くのお客様からお問い合わせいただいております。 お見積りやご依頼のお問い合わせはお早めにお願いします。

「我が家もリーズナブルな外壁塗装がしたい」
「他社で見積もりを取ったけど適正価格なのかな?」
そんな疑問やご要望をお気軽にお問い合わせください。

品川区の外壁塗装・リフォーム店" width="640" height="360" >

品川区の外壁塗装・リフォーム店

東京・港区/品川区/目黒区/町田市/23区/その他全域
神奈川・相模原市/大和市/その他全域
その他の関東圏のお客様も大歓迎!外壁塗装は「りほむる」で

CTR IMG